人気ブログランキング |
ブログトップ

Surya

yogasurya.exblog.jp

<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

suryanamaskar

太陽の国 
海風が吹き抜けるこの地が
とてもとても好きなのだと
風と光と水と緑を感じながら
歩くたびに思い知るのです

いつの頃からか
こころのなかにあって探していた世界が
現実として目の前にあることのキセキ

いろいろなことを乗り越えて
この地へ辿り着いたことのフシギ

新しい命、新しい出逢いと
次なる段階への導きを
いただけることに
ほんとうにほんとうに感謝しています

a0142528_21535495.jpg

by suryayoga | 2012-09-26 21:49 | Life

旅先

そこに辿り着こうと焦ってはいけない。

「そこ」などどこにもないのだから。

本当にあるのは「ここ」だけ。

今という時に留まれ。
体験を慈しめ。

一瞬一瞬の不思議に集中せよ。

それは美しい風景の中を
旅するようなもの。

a0142528_19541170.jpg



日没ばかり求めていては
夜明けを見逃す。

【ブラックウルフ・ジョーンズの言葉】
by suryayoga | 2012-09-24 19:50 | Life

最近思うことと、Bhagavad Gita

八重山はすっかり秋の気配で、
朝晩とても涼しい日が続いています。

すばらしく、そしてろくでもない現代社会は
2011年以来いろんなことがものすごく明らかになりました。

人間が繰り広げるありとあらゆるものごと
視てみないふりをして生きるのではなく
しっかり現実を見据えた上で
どう覚悟してハッピーに生ききるか?

こんな混乱の時に私を救ってくれたのは
やっぱりYogaでした。

私の聖書 Bhagavad Gita
現代社会でいわゆるYogaとして認識されている
ポーズや呼吸法というHatha Yoga,についてではなく、
行為のYogaやこの世の根本原理、宇宙などなど、などなど。
ここには書ききれないけれど。
そういうことについて説く 聖典。

ものすごい愛に満ちていて
この混乱の時代を予言していたかのように
ココロを救う珠玉の章の数々

登場人物はクリシュナ、アルジュナ、そしてそのフタリの会話を
聞いていたサンジャヤ

このサンジャヤがフタリの問答を描写する形で
叙事詩はスタートする。

ヨーガの主 牛飼いクリシュナ
そのクリシュナが、
敵を目の前に 戦いを拒むアルジュナという戦士に
戦場で語り始めるところから
Gitaはスタートする。

なぜGitaの舞台が戦場なのか?
それは、この三次元における人生が
まさに戦場のようだからだといいます。

バハマのSivananda Ashramの
海風がここちよく抜けるほったて小屋で
シャンカラから聞いたこのストーリーにぐっときて
私はGitaの魅力の虜になった。

a0142528_2329426.jpg

さて、このGitaは岩波文庫から出版されていて、きちんと注釈もついていて
親切に解説されています。が、難解です。なかなか難解です。
ちゃんと先生についてストーリーを全部聞いてみて
生活の中で実践をしながら読み進めて。
あ。そういうことか?そういうことなのかも?
と何度も何度も実践して、練習して。そしていつのまにか、気づく。

だから、もしGitaが気になるようだったら
どうぞポーズのヨガだけじゃなくて、
インドや、Yogaのアシュラムを訪れて、
Yogaのお話に耳を傾けて
その世界に触れてみてください。
a0142528_13541838.jpg


言葉も文化も知らない、地理もまったく知らない
おもいもよならい場所に、一人で。
内なるガイドだけをたよりに。

不安と期待が入り交じるココロで、
バックパックにアリガトウとわくわくと、好奇心と、
何かを知りたい!というパッションを持って。

たどり着く先であなたが開く扉の先にある世界は
あまりにも深く、広く、美しく、素晴らしいから。

そしてそれは、誰も教えてくれないことだから。
こころの深い、ふかいところにはいっていって、冒険して
自分で見つけるものだから。

いわゆるいい仕事をして、たくさんオカネをもらって、
現代社会でいわゆるもっていたらいいものを
たくさんもっていたつもりで

どうしてもどうしても乾きを感じて
満たされずに何かを探していた
ワタシのソウルを導いてくれたYogaとGita 。

もし何かを探している人がいたら、
Yogaがその探し物を手伝ってくれるかもしれません。

何かに傷ついたり、苦しんだり、
迷ったりする人のココロに光が差すことを願って。

もし一人で孤独だと感じている人がいたら、
あなたは一人じゃないという 
すんばらしい現実にたどり着く
きっかけになることを願って。

Hari om


余談だけれども、Rukmini という名前は
最初にYoga TTCを終えたとき先生からいただいた名前で
クリシュナのQueenの名前。
クリシュナがあんまりにもかっこいいので
この名前を大事に使ってる 

わけじゃなくて、
Yoga学校を卒業したときのあのハートを
いつまでも忘れないように、あのときに気づいたことや宇宙感、
学んだことをいつまでもココロの中に持ち続けられるように。
という願いを込めて、使い続けています。
by suryayoga | 2012-09-20 23:30 | Yoga

チャロアイトのネックレス

チャロアイトのネックレス

サンストーン、ムーンストーン
アメジストを添えました。

a0142528_23271234.jpg


Thank you sold-out!
by suryayoga | 2012-09-04 23:25 | Art